質の良い睡眠を求めて 睡眠不足が及ぼす健康被害

標準

健康に関心がますます高まりゆく中で、最も根本であり大切なのが「睡眠」です。そのことに関心を持ち学び実践していくことが最大の健康管理になると思います。

人は寝なければどうなるか

人は睡眠をとらなければどうなるのか。1964年アメリカの高校生、ランディ・ガードナーくんが264時間12分(約11日間)という当時の最長不眠記録を打ち立てました。更に、イギリスのトニー・ライトさんが266時間(19日間)の不眠を達成し、ランディさんの記録を塗り替えましたが、健康に害を及ぼすという理由でギネス認定はされませんでした。二人とも命に別状はありませんでしたが、不眠挑戦の間、様々体調の変化が観察されています。2日目には目の焦点が合わなくなり、視力や立体感覚が低下する様子が見られました。3~5日目には気分が落ち込んだりイライラしたうえ、運動機能や体力、協調性や思考力、記憶力や集中力が低下しています。

人間にとって睡眠は「心身(脳と体)の休息」「ストレス解消」「体の成長や老化の防止」という大事な役割を果たしています。身体の成長とは具体的に言えば、子供でいえば「寝る子は育つ」と言われるように成長ホルモンの分泌ということですが、大人に即して言えば古くなった肌や怪我、その他の体組織の修正・再生、脂肪を燃焼させる働きがあります。

「睡眠不足はお肌が悪くなると」と女性が言われるのはこういったところからきています。以前、会社で参加した健康セミナーで「睡眠不足は脳に損傷を受けたのと同じだ」という言葉を伺いました。満足に睡眠が取れない場合や、トニーさんやランディさんのように寝ないと言う事をすれば脳や心身ともに甚大なる支障を及ぼします。酷い場合、睡眠不足によってうつ病などの心の病を引き起こしてしまいます。

質の良い睡眠を求めて

しかし、多様かつ多忙究める現代人にとって、例え短い睡眠時間であっても質の良い睡眠で補いたいというのが、今、最も関心のある事だと思います。それを象徴するように今ネットでそう言ったサプリメントの広告をよく目にします。

睡眠のメカニズム

本来、睡眠のメカニズムには2つの種類があります。1つ目は浅い眠りの「レム睡眠」:主に記憶の整理を行う睡眠です。脳はまだ起きている状態で、私たちが夢を見るのもこの時です。2つ目は深い眠りの「ノンレム睡眠」:脳も体も完全に休んでいる状態の睡眠です。この「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」の睡眠周期を約90分=1セットで4回から6回繰り返されます。

2016-08-12_150922
おすすめの不眠症サプリメント「マインドガードdx

睡眠時間は必要

しかし、本来、必要な睡眠時間を確保する工夫ができることに越したことはありません。睡眠時間については個人差があると言われています。エジソンやナポレオンは3時間だったという説もあれば、アインシュタインは10時間以上寝ていたという説もあります。その中で、一般人の平均的睡眠時間は6~9時間と言われています。医学的に理想としているの7~8時間、必要最低限で6時間と言わているようですが、結論的には“十分に眠ったという満足感をもって爽快に目覚めることができるか”ということが最も大事だと言われています。

太陽の光を浴びる

元々、人間の体内時計は太陽の光によってリセットされると言います。仮に光のない洞窟で生活をすればリズムを大きく崩してしまい、体調悪化に繋がるという研究もあります。故に昼夜逆転生活は人間にとっては本来よくないという研究成果も出ています。ただ現代社会において、看護師やコンビニなど夜働いている方もいらっしゃいます。そういった人々は「目覚めてすぐにコーヒーを取る」「軽い運動を行う」そして「明るい光を浴びる」と言う事を行えば眠ったことによって下がった体温を上げる事が可能と1時間な1時間り、体内時計のリズムを整えるという効果があると言われています。

睡眠不足が及ぼす健康被害

睡眠不足は集中力などが低下しイライラや気分の落ち込みに影響を及ぼしストレスを溜めてしまいます。平均的にビジネスマンの平均睡眠時間は4割が5時間台と言います。睡眠不足は当然、仕事や学業に影響を及ぼします。特に業務の効率の点で考えれば、ミスなども多発し、下手すれば人間関係でもトラブルを起こしかねません。また交通事故も起きやすくなります。1986年旧ソ連で起きたチェルノブイリなど睡眠不足が現人とも言われています。

時として「不眠不休」で何かに打ち込まなくてはならない場合はあります。特に、原発事故などの一刻を争う緊急事態においては猶更です。しかし、結局、睡眠時間を削ることは人間にとって決してプラスには働かないと言う事です。むしろマイナス面・リスクの方が遥かに大きいのです。例え、日ごろ私たちは行っている事ではありますが、休みの日に、昼まで寝るなりして「寝溜める」。この行為は残念ながら睡眠不足を補う事にはならないようです。日頃のバランスの良い睡眠時間を確保していくことが大切と言われています。

看護師が職場を変えるなら利用したい場所

標準

人間関係がぎくしゃくしていると、日々の仕事にも影響が出てくるものです。看護師の仕事はチームで行うケースが多いですから、実務の上で、その影響は小さくないと言えますね。

看護師の仕事は、患者さんの命と健康を預かる重い責任を担っています。そのことを考えても、人間関係の悩みを抱え、心が不安定なまま働くことは好ましくありません。

2016-07-11_134027

「人間関係の悩みなんかにとらわれずに、看護師の仕事を頑張れる職場を見つけたい」

そう考えるなら、理想の職場を探すために役立てたいのが看護師転職支援サービスです。

看護師転職支援サービスでは、転職の相談と求人案件の案内を、医療業界に精通した専任のカウンセラーが受け持ってくれるため、希望に合った最適な転職先探しができるようになります。カウンセラーは病院・施設の内部情報も得ていますから、人間関係を最優先した希望の職場を見つけ出してくれるはずです。

看護師転職支援サービスは数多くあり、扱い求人も様々ですから複数に登録することで、幅広く募集案件を探すことができます。実際にも、人間関係が良好な転職先を探している看護師さんは非常に多い、とのことです。

あなたと同じ悩みを持っていて、心機一転新たな気持ちで働ける場所を探し、それを見つけている人たちがたくさんいます。「自分だけでは解決できない悩み」を解決したいと思っているなら、看護師転職支援サービスは利用する価値のあるものだと言えます。

>>都道府県ごとの看護師の年収格差 最高と最低で○○円もの違いが!

新卒時代の看護師体験記

標準

かれこれ10年前になりますが、某大学病院に新卒一年目として就職していたころの苦労話です。現在は結婚退職し、家事育児で現場を離れています。

その当時の私の勤務する大学病院は勤務形態として、三交代勤務という方式をとっていました。簡単に説明するとそれは、日勤の8時から17時まで仕事をして帰宅し、またその7時間後の日付が変わる0時から夜勤業務に出勤するという方式です。それが当たり前だった時代ですので、退職して現場を離れてしまった今では、そんな体力はもうないなあと思ってしまいます。

新卒で働き始めたばかりの私は、とにかく研修が多く、日勤が終わったあとももちろん定時に帰宅することができず、20時まで残業し、そして帰宅してコンビ二弁当を食べたらまた出社の繰り返しでした。睡眠不足もかさなり、集中力も途切れがち、夜勤が終了する朝の患者様の血圧測定で一瞬気を抜くと意識が落ちてしまうんではと思うくらいでした。

なので現在は三交代制度というのは、ほとんどが改善され、2交代に変わりつつあると現場で働く看護師に聞いたことがあります。二交代だと8時から17時、17時から翌日9時までになりますが、二交代を経験したことのない私には想像もつきませんが、現場では2交代が断然楽に仕事ができると聞きました。特殊な病棟、特にOP室やICUなどは、まだ三交代が導入されているところもあるみたいです。

しかし、激務を改善する方法としては勤務形態だけに着目するのではなく、潜在看護師の職場復、離職率を下げる、が有効ではないかと考えています。私もその職場復帰したい看護師の一人です。

白衣の天使と言われた看護師も今は昔の事です

標準

2016-06-25_113610

看護職の専門学校を卒業して、準看護師になり今では地元の或る市立病院で正看護師として勤めだして早7年ほどになるでしょうか。 最近では後輩たちも増えて今では役職では中堅どころといったところでしょうか。勤務については総合内科のような仕事で基本的に消化器系の任務にっなっていて、主には入院患者の担当になっております。 通常の患者さんは、特別な場合を除いては普通の人とは変わらないようですが、患者さんは患部を除いては皆さんお達者な方ばかりです。 

昼間の時間帯勤務では忙しそうにはしていますが、時には看護師同士や其の他の事務方の職員たちの仲間とは、休憩の時間などにはお茶を飲みながらの雑談の中で、患者さんの様態の話や同じ仲間のとの噂話や浮いた様なども致しますが、でも、私の場合は身柄は未だ一人身なので余り大きな声では話せません。私自身、容姿などは余り自慢できるものではなく、当然ながら浮き身のあるような素敵な事なっどは今のところはありません。

夜の時間帯は定期的な、定時的な見回りのほかは通常は昼間に比べると楽といえば楽なように感じます。それでもさすがに何事もなく夜明けが近づくと無性に眠くなるときがあり、“ああ、今の時間帯では、世間の人はいい夢を見ているところなのに、私だけが何故・・?”、などと愚痴の一つも言いたくなるときもあります。

兎に角も、病院の看護師というのは一昔前までは“白衣の天使”などといわれて、世の中では一目置かれるような職業でしたが、今では男女機会均等法とかで、この様な女性の職場にも男性が就業して看護師として仕事をしています。中には素敵な人もいて何か嬉しいような気恥ずかしいような、妙な気持ちになるときもあります。いずれにしても通常の仕事の心がけとして常に気持ちは前向きで明るくして、患者さん達にも何とか親しまれ、そして好かれるような看護師になりたいと思って、日頃から頑張っています。

看護師は人間関係で辞めたら転職できない?

標準

2016-06-13_141259

「看護師は離職率が高い」ことで知られています。その離職の理由は、人手不足による仕事の多忙さ、休日の少なさ、ストレス、人間関係などさまざまです。また、看護職は女性の割合が多いことから、結婚、妊娠なども理由に加わることとなり、転職回数は他の職種よりも多くなる傾向にあります。

これらの離職理由のなかでも「職場の人間関係」は、多くの看護師にとっての悩みの種になっているようです。こういった離職の理由になっている問題を、ひとつひとつ解決していかない限り、病院側も看護師の人手不足に悩まされ続けることになるのではないでしょうか。

 

人間関係の良好な職場を探したい

看護師は国家資格職であり、その需要は拡大する傾向にありますから、売り手市場の職種であることは間違いありません。とはいえ、転職を繰り返すことで市場価値が下がってしまうのは、ほかの職種と同じだといえます。やむを得ない理由で離職してしまうこともあるでしょうが、次の職場は長く勤められるところを見つけたいところです。そのためには自分の希望の勤務形態や待遇、収入額をはっきりさせて、それにしっかりとマッチした求人案件を探す必要があります。

また、前職を辞めた理由が人間関係にあったのなら、次の良好な人間関係を優先した食が探しをするべきでしょう。そんなときに頼りになるのが看護師転職支援サービスです。待遇面・収入面はもちろんのこと、転職希望先が人が居着かない職場ではないか、いじめなどがあるのではないかなど、人間関係の内情にも詳しい専任のコンサルタントからさまざまな情報を教えてくれます。

看護師転職支援サービスでは、求職する側、採用する側双方が納得のいくマッチングを最重要視しています。その意味では、ハローワークや就職求人雑誌などだけに頼るよりも、より希望にあった転職先を見つけられる可能性が高くなるといえるでしょう。

看護師の転職情報はハローワークだけで探していてはもったいない

標準

2016-06-13_141059

看護師さんが転職活動をするというときに、ハローワークや求人広告雑誌を利用して職探しをする人は多いと思います。ですが、看護師の場合はハローワークや求人広告雑誌だけを使って、転職探しをするのはもったいないと言えます。

なぜなら、看護師の求人案件を専門に扱う看護師転職支援サービスというものがあるからです。このサービスは、その名の通り、全国から集まった看護師の求人情報を網羅しています。そこにはハローワークや求人広告雑誌には載る事のない案件や、求職者が知りたいと思うより詳しい情報が掲載されています。

また、看護師転職支援サービスのなかの専任コンサルタントは、担当している病院・施設の内部事情に詳しいため、求職者の希望に本当にマッチした案件を探し出すことができるのです。職探しの方法が限られている職種もありますが、看護師の場合、こういったサービスを利用することができるので、転職活動をより有利に進めることができると言えます。

インターネットの看護師転職支援サービスは運営会社ごとにいくつもあり、それぞれに登録しておくことで、さらに幅広く求人情報を知ることができます。看護師不足で困っている病院・施設は全国にあり、看護師の需要は高まるばかりなため、このようなサービスが今では充実してきているのです。こういった専門のサービスが利用できるので、職場探しにおいて看護師は恵まれているということができるでしょう。

いくつもある看護師転職支援サービスから、利用者の満足度の高い大手のサービスをご紹介しています。あなたの転職活動を成功させるために、利用する価値はあるはずです。

看護師の地域格差ってやっぱりあるのね・・・

標準

私は看護師を長いことやってますが、長~くやるほどにつくづく感じることがあって。。
それは看護師に転職はつきものだなーということ。

やっぱり看護師は女性が多いので、ライフイベントって言うんですかね、結婚・出産とかで一旦退職することって多いんですよね。望む望まないに関わらず。

あと結婚してたら旦那の転勤とかでついていった土地の病院で勤めなおす、とかもありますね。わたしの友達にもそんなパターンで東京とか名古屋に行って、頑張ってる子もいたりします。

そんなときにありがたいのは看護師の場合、どこにいっても勤めやすいってことですね。実際、職にあぶれるなんてのは考えられません。どこの病院も人手不足で困ってるくらいですからね。

つぶしがきくという意味で、看護師国家資格は最強の部類なのかもしれないです。今、弁護士なんかは必死に勉強して資格取っても、勤め先が無いって言いますからね~。

ただ、せっかく病院変わって、改めて勤めるなら給料は多いほどいいですよね。

当然ですけど。。

そうなると病院選びは大事かなーと思ってたんですが・・・
いやいや勤める地域選びのほうが大事だぞってことに、この度気づかされてしまいました。

都道府県ごとの看護師の年収地域格差・・・みんな職場探しするときに、こんな情報をゲットしてるんですかね?

知らなかったわ。。。
ていうか、格差あり過ぎじゃない!?びっくりするわ。

幸いわたしの住む県の年収は水準以上であるのと、わたしの年収も決して悪くはないことを確認できたのは良かったけれど。。

これ見たら○○県の人とか、あまりの現状に卒倒するのでは、と思うくらいのレベルですよ。

まあね、給料がすべてではないですけどね。
人間関係最悪だったら、そんなもの関係なくみんな辞めていくしね。特に若い子なんかは。

うん、いやならすぐ辞めればいいんですよ。我慢して無理して、体こわしたりしたら目も当てられないですからね。

転職しやすいという特権が看護師にはあるわけなので。
そのぶんキツイですが。。。