看護師は人間関係で辞めたら転職できない?

標準

2016-06-13_141259

「看護師は離職率が高い」ことで知られています。その離職の理由は、人手不足による仕事の多忙さ、休日の少なさ、ストレス、人間関係などさまざまです。また、看護職は女性の割合が多いことから、結婚、妊娠なども理由に加わることとなり、転職回数は他の職種よりも多くなる傾向にあります。

これらの離職理由のなかでも「職場の人間関係」は、多くの看護師にとっての悩みの種になっているようです。こういった離職の理由になっている問題を、ひとつひとつ解決していかない限り、病院側も看護師の人手不足に悩まされ続けることになるのではないでしょうか。

 

人間関係の良好な職場を探したい

看護師は国家資格職であり、その需要は拡大する傾向にありますから、売り手市場の職種であることは間違いありません。とはいえ、転職を繰り返すことで市場価値が下がってしまうのは、ほかの職種と同じだといえます。やむを得ない理由で離職してしまうこともあるでしょうが、次の職場は長く勤められるところを見つけたいところです。そのためには自分の希望の勤務形態や待遇、収入額をはっきりさせて、それにしっかりとマッチした求人案件を探す必要があります。

また、前職を辞めた理由が人間関係にあったのなら、次の良好な人間関係を優先した食が探しをするべきでしょう。そんなときに頼りになるのが看護師転職支援サービスです。待遇面・収入面はもちろんのこと、転職希望先が人が居着かない職場ではないか、いじめなどがあるのではないかなど、人間関係の内情にも詳しい専任のコンサルタントからさまざまな情報を教えてくれます。

看護師転職支援サービスでは、求職する側、採用する側双方が納得のいくマッチングを最重要視しています。その意味では、ハローワークや就職求人雑誌などだけに頼るよりも、より希望にあった転職先を見つけられる可能性が高くなるといえるでしょう。
>>カロバイプラスの最安値通販はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です