お肌のための必要十分なケア 紫外線と肌の乾燥

標準

スキンケアに欠かせないのは保湿であるとよく言われます。お肌の良い状態というのは、水分がその内側にしっかりと保たれていることを言います。お肌の状態がよいとメイクの仕上がりもよくなり、美肌に見えることから保湿が第一だとされているのです。人間は陸上生物としてはかなり水分要求量が多い生き物であるとされています。それほど人間の肌には水分が存在しているということです。

自分の肌質が普通肌や脂性肌であっても、お肌の健康のためには保湿ケアが必要です。乾燥してしまうと、たるみやしわが増え、肌荒れなどの問題が起きやすくなります。スキンケアの基本も保湿を心がけるところから始まります。化粧水を使ったり、ローションパックすることで、肌の内側に水分を閉じ込めるお手入れを行います。最近ではローションパックに特化したコットンというものも売っていますから、有効利用するといいでしょう。潤いのある肌はバリア機能も高く保たれるので、紫外線などの外部の刺激に対する防衛力も強くなります。

保湿ケアだけをきちんと行っていれば、特殊な肌ケアは必要ないともいえます。肌のコンディションを守り、美肌になるためにもお肌の保湿を行い、肌の健康を手に入れましょう。

紫外線と肌の乾燥

紫外線が人間の体に与える影響は多岐に渡ります。紫外線が人間にどのような害を与えるかを知っておくことは、健康・美容を考えるときに大切なことです。

健康的な問題としては皮膚がん、白内障、免疫力低下による感染症リスクが高まるなどの危険性があります。美容的な問題は日焼けすることによる、シミ・シワ・たるみなどです。紫外線の害は皮膚の奥に蓄積されることとなり、時間の経過とともに皮膚上に表面化してきます。美容上の大敵は乾燥ですが、紫外線を浴び続けることで肌は著しく乾燥することとなります。

夏の紫外線は強烈です。夏以外の季節でも紫外線はありますが、最も気をつけなくてはいけないのは真夏の太陽光線です。雲が太陽を遮っているから、部屋の中にいるからといって、紫外線が届かないわけではありません。相応の方法でガードしておかなくてはいけないでしょう。サングラスや衣服をチョイスする、日焼け止め入のファンデーション・セルライト除去 クリームを塗るなどが効果的です。

以前は日焼けすれば子供は丈夫になるという考え方がありました。全く医学的な根拠がないわけですが、周知の事実のように捉えられているとそれが真実のようになってしまうことがあります。子供の頃に受けた肌ダメージがずっと残ったままになり、いずれシミなどの原因にならないとも言えないのです。

外出しないわけにはいきませんから、紫外線をパーフェクトに遮断することは無理なことです。しかし、できる限りの策を講じることで受けることになるダメージを最小限にすることはできます。UVケアを考えて開発された商品も年々増えてきていますから、そういったアイテムを利用しながら日焼けしないような生活を送ることも重要なことです。



RFラジオ波フェイス!エステフェイシャル!ボディケア

標準

エステサロンのホームページを見てみると、フェイシャルやボディにまつわるメニューがたくさんとリリースされています。そこでわたしが気になったのがRFラジオ波フェイスというコースです。このマシンは、熱を発する仕様となっており、血行を促して、加齢によってのたるみなどを改善する役目があります。ムダな脂肪を分解するような作用もあることから、二重あごにも効果があるようです。

しかも興味深いのは、毛穴のたるみや開きなどの改善にもなるということで、約3週間の期間を空けて5回から8回の施術で実感が湧くということです。分かりやすく言うとフェイスのリフトアップになりますけど、意外とニキビやニキビ跡等にも効果があると言います。

実際にコースを契約している方は、30代以降の女性が多いようです。しかもこのRFラジオ波のマシンは、ダイエットにも効果があります。腕や脚など気になる部位に軽くマシンを当てますと、温熱の作用から血流を促することで、固くなった脂肪が柔らかくなります。

RFラジオ波を使ってからは、エステティシャンのハンドマッサージがセットになっておりますので、リラクゼーションの作用もバッチリですので、興味がある方はお試しください。

くびれのある美しいボディを目指すなら

年を取るとウエストまわりのくびれもなくなり、どんどんと脂肪が増えていき、プロポーションが劣化したと感じている人もいるでしょう。お腹に溜まった皮下脂肪を効率的に燃焼させることで、くびれを再び取り戻せるかもしれません。

お腹を引き締めるための運動というと多くの人が腹筋運動をイメージします。ただ「仰向け姿勢から上半身を起こす腹筋」これだけではもったいない。腹筋運動にもバリエーションがあり、多角的に筋肉を刺激することでより効果的にお腹痩せが可能になります。なによりお腹の筋肉を反復運動で鍛えることで、リンパ液の循環がよくなり、スムーズにエネルギーが燃焼されやすくなることも実証されているのです。

運動によるダイエットは3日坊主では意味がなく、なにはなくともコツコツと続けることがポイントです。続けることが第一なので、張り切りすぎて無理をして、続けられなくなることだけは避けましょう。一回10分間の運動を行うことでウエスト痩せを目指していくことだできます。

また隙間時間を利用して、ウエストの筋肉を日頃から使いながら生活するとより効果があります。電車の座席に座っているときや、普通に歩いている時にもお腹に力を入れるように意識するとお腹を少しづつ引っ込めることができるようになるでしょう。

いくら減量して体重だけを落としても、お腹が出っ張っていては美しいプロポーションにはなれません。徐々にスリムになるための努力を続けていくようにしましょう。お腹部分にできて困っている女性も多いようです。
ボディクリームを使ったケアは肌のお手入れの基本ですね。⇒肉割れを消すクリーム