RFラジオ波フェイス!エステフェイシャル!ボディケア

標準

エステサロンのホームページを見てみると、フェイシャルやボディにまつわるメニューがたくさんとリリースされています。そこでわたしが気になったのがRFラジオ波フェイスというコースです。このマシンは、熱を発する仕様となっており、血行を促して、加齢によってのたるみなどを改善する役目があります。ムダな脂肪を分解するような作用もあることから、二重あごにも効果があるようです。

しかも興味深いのは、毛穴のたるみや開きなどの改善にもなるということで、約3週間の期間を空けて5回から8回の施術で実感が湧くということです。分かりやすく言うとフェイスのリフトアップになりますけど、意外とニキビやニキビ跡等にも効果があると言います。

実際にコースを契約している方は、30代以降の女性が多いようです。しかもこのRFラジオ波のマシンは、ダイエットにも効果があります。腕や脚など気になる部位に軽くマシンを当てますと、温熱の作用から血流を促することで、固くなった脂肪が柔らかくなります。

RFラジオ波を使ってからは、エステティシャンのハンドマッサージがセットになっておりますので、リラクゼーションの作用もバッチリですので、興味がある方はお試しください。

くびれのある美しいボディを目指すなら

年を取るとウエストまわりのくびれもなくなり、どんどんと脂肪が増えていき、プロポーションが劣化したと感じている人もいるでしょう。お腹に溜まった皮下脂肪を効率的に燃焼させることで、くびれを再び取り戻せるかもしれません。

お腹を引き締めるための運動というと多くの人が腹筋運動をイメージします。ただ「仰向け姿勢から上半身を起こす腹筋」これだけではもったいない。腹筋運動にもバリエーションがあり、多角的に筋肉を刺激することでより効果的にお腹痩せが可能になります。なによりお腹の筋肉を反復運動で鍛えることで、リンパ液の循環がよくなり、スムーズにエネルギーが燃焼されやすくなることも実証されているのです。

運動によるダイエットは3日坊主では意味がなく、なにはなくともコツコツと続けることがポイントです。続けることが第一なので、張り切りすぎて無理をして、続けられなくなることだけは避けましょう。一回10分間の運動を行うことでウエスト痩せを目指していくことだできます。

また隙間時間を利用して、ウエストの筋肉を日頃から使いながら生活するとより効果があります。電車の座席に座っているときや、普通に歩いている時にもお腹に力を入れるように意識するとお腹を少しづつ引っ込めることができるようになるでしょう。

いくら減量して体重だけを落としても、お腹が出っ張っていては美しいプロポーションにはなれません。徐々にスリムになるための努力を続けていくようにしましょう。お腹部分にできて困っている女性も多いようです。
ボディクリームを使ったケアは肌のお手入れの基本ですね。⇒肉割れを消すクリーム



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です